REPORT 06

都会で行う、カジュアルラフなウェディング

 

結婚後、LAに海外転勤となったおふたりは、日本に戻ってきたタイミングで2年越しのウェディングパーティが叶った。

パーティ準備は、THE WEDDING DAYS.のサロンにて、穏やかな光の中でヘアメイクを行った。
新郎新婦共に控えめな性格で、タキシードとウェディングドレスを身にまとった瞬間は恥ずかしそうな表情をうかべていたが、撮影時間を長く取りリラックスできたことで、おふたりの自然体な笑顔が溢れる前撮り撮影となった。

おふたりの日常の様子を切り取るために、一緒に散歩しているシーンやお花屋さんで花を選ぶ様子を撮影。
撮影が終わった後はすっかりいつものおふたりの表情となり、その後のナイトウェディングはリラックスしたムードでスタート。

GARDEN HOUSE新宿の雰囲気が好きなおふたりには、会場を活かしたシンプルな装飾を提案。
新郎新婦の空気感にマッチする、淡い色合いとスモーキーなカラーで会場を彩った。
おふたりは、ゲストとできるだけ近い距離で話したいという希望があり、高砂は作らずにゲストと一緒のテーブルにつきながら話せる空間を。

パーティの誓いを立てる挙式のシーンでは、新婦がお兄様と一緒に入場し、大切なゲストに見守られながら、
これからも夫婦として共に歩んでいく覚悟の誓いを立てた。

そして、挙式後のエンドロールをゲストと一緒に見る時間は、とても感動的で暖かい空気に包まれた。

March.2018

Place / GARDEN HOUSE SHINJUKU

Guest / 60名・立食

Wedding Dress:atelier nae
Tuxedo: SUITBAR
Hair make:Tomoko Hotta
Flower:VOICE
Photo: GO OKUDA
Sound : SOUND CoUTURE
Food  : GARDEN HOUSE SHINJUKU

 

Produce  by  THE WEDDING DAYS.