REPORT 08

海外のようなテントウェディングを

 

新婦が想い描いていたウェディングは、ラフでいて、ゲスト全員が自然体で楽しめるような
海外で行われるようなカジュアルウェディング。

こだわりは、食とお酒を通じて出会ったおふたりならではの美味しいおもてなし。
食事にも提供するお酒にも、裏側のストーリーを大切に、ゲストへのギフトも、おふたりで作りにいったクラフト
ビールにオリジナルのラベルデザインを作りプレゼント。
コンテンツには、双子同士の新郎新婦ならではの演出を。

デコレーションデザインには、とても穏やかで柔らかい印象の新郎を表現する「ブルー」と、とても明るく華やかな印象の新婦を表現する「ピンク」を織り交ぜて。
目に止まる華やかで繊細なブーケも絶妙な色合いで、ふたりらしさを色と形で表現。
花の鮮やかさと、布の柔らかさのバランスもコーディネートのポイント。

挙式は、お色直し後に、ブーケブートニアのセレモニーを行いながら夫婦の誓いを丁寧に伝え合い、手と手を取り
合い、特別な時間に。

夕暮れ時にスタートしたウェディングの終盤には、海外の屋外映画館のようなイメージで、タープにプロジェクターを投影して、ゲスト全員でエンドロールを楽しみました。

May.2018

Place / GARDEN HOUSE CRAFTS
Guest / 60名・立食

Wedding Dress:持ち込み
Tuxedo: SUITBAR
Hair make:Tomoko Hotta
Flower:Mari Harada
Photo: GO OKUDA
Sound : SOUND CoUTURE
Food  : GARDEN HOUSE CRAFTS

 

Produce  by  THE WEDDING DAYS.