REPORT 10

日本に大切な方々を招いたウェディングパーティ

 

新郎はドイツ出身、新婦は小さい頃から海外で過ごす時間が多くグローバルに活躍しているふたり。
そんなふたりがウェディングをする場所として選んだのは鎌倉。
海外からゲストを40名招いてのウェディングは、日本を感じていただける鶴岡八幡宮での神前式と
GARDEN HOUSEでのナイトパーティを。

GARDEN HOUSEでのこだわりは、新郎がこよなく愛すクラフトビールといつも召し上がっているお気に入りの
お食事を並べ、空間・装飾・音・食事…全てにストーリーとこだわりを込めて。

デコレーションデザインは「森」をイメージし、ドイツのクリスマスシーズンを想像しながら、モミの木や、
まつぼっくり、シナモン、ユーカリをふんだんに使った装飾を。希望通り、木々の良い香りに包まれた空間となった。

ギフトは、大正時代のアンティークの和皿をチョイス。

ドレスはヴィンテージドレスを選び、お色直しの後は、お父様とラストダンス、新郎とファーストミート。ゲストが暖かく見守る中、素敵なシーンが生まれ、古き良き日本の文化と、海外からの方々の交流が美しい時間となりました。

両親、ゲスト、ふたりの幸せそうな笑顔が印象的なパーティとなりました。

November.2018

Place / GARDEN HOUSE KAMAKURA  
Guest / 50名・立食

Wedding Dress: Monroe Garden
Tuxedo:持ち込み
Hair make: Yuki Ishioka
Flower:Mari Harada
Photo: Isao Nishiyama
Sound : SOUND CoUTURE
Food  : GARDEN HOUSE KAMAKURA  

 

Produce  by  THE WEDDING DAYS.